ステンレス板金加工 (有)田島製作所

ステンレス板金職人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

”美”とは・・・・


 いわゆる この世の天国と地獄。


 生きていくということは その 狭間を 行ったり来たりすることで

 その行為は 滑稽である。


 しかしながら  ”美” は その行為の中にだけ 存在できる。


 つまり 多くの人間が 見出したとする美しいものや事柄は

 その人の主観的な幻想でしかありえないが そこに 美を 

 見出したとする あるいは 見出したいとする行為そのものは

 客観的にも美しい。 



スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 12:33:32|

一行詩

哀しいことに あまりにも多すぎる  新しい経験からしか 得られない物事が。
  1. 2008/10/15(水) 12:48:53|

哀しき人民


この指 と~まれ って 
都合のいい中心を 設定して
中心から 離れた断片を無視するようにしむけて
『近代』は作られた。

物事を真剣に考えてきたのは
それら断片にいる人々。

そして 現在
深く考えられる場所は その断片でしかありえない。

ようやく気がつきはじめた 哀しき人民
  1. 2008/10/02(木) 13:02:34|

『Draw the line』



限界という言葉に妥協して
自分勝手に引く 一本の線

超える根性も精神も肉体も
持っていないくせに

どっちみち 超えられはしないのに


いいかげんだから生きていける


  1. 2008/10/01(水) 17:29:38|

『カタロニア人からの警告』

リンゴを差し出されたら 

たとえ それが夢の中であったとしても 

受け取ってはいけないよ。


君は 気がつかないかもしれないけど

確実に その様子を 見られているから。


ただし 生き延びたいならね。

  1. 2008/09/30(火) 12:54:31|

世界の終わりがくるのなら 

世界の終わりがくるのなら その日は 夏の終わりであってほしい

 
 お腹は すいていたほうがいいな

 きっと感覚が鋭くなっているだろうから 


 香水のにおいなんてしたら いやだな

 夕立の後の 土のにおい であってほしい


 音は 高い音が いいなぁ

 でも 耳をつんざくようなのでは だめ

 ハモンドオルガンでだせる いちばん高い音 であってほしい

  
 最後 目にするのは 娘達の姿でなければ 何でもいいや

 

 でも その瞬間は 誰か 僕の頭をなでていてほしい
  1. 2008/09/29(月) 23:15:36|

『無銭飲食』

『無銭飲食』

えっと いくら分 食ったっけ?

あと 千円くらいは いけそうだな

んっ となりの奴ら 刺身 食ってやがる

うまそうだな ムショじゃ 食えねぇもんな


まぁ 言ってみれば グルメツアーみたいなもんよ

来週も ツアーしてぇもんな このくらいにしておくか

徳利あけたら ほい ネタばらし ときたもんだ

“金持ってないんだよ おまわり呼んでよ”


身寄りもねえし こんなじじい 気にする奴もいねえ

悪いのは 俺じゃねぇよ おまえらが馬鹿すぎるんだぜ

お前らさぁ 社会が 政治が なんて 愚痴ってないで 

俺みたいに ちょいと頭を使えば この世は楽勝なんよ


でもな こんな俺でも 死ぬのは 怖いんだ・・・

どうだ! 人間らしいだろ
  1. 2008/09/29(月) 22:39:44|

穴ぼこ


めんどくせぇなぁ

あっちも こっちも 穴ぼこだらけで。


むこう側が見える浅いのは まだ いいんだよ。

えい やっ で いいかげんに 塞いだり あるいは その存在に わざと

気づかないふりしてさ。 まあ なんとかしてきてる。


たいへんなのは ものごころついた頃 すでに その存在に気づき 年ごとに 

広がっていっちゃう穴だよ。

深いのは 判っているから 怖くて 見ようとする勇気さえもてない。

 無視するには 大きすぎるから たいへん。この穴は自分自身だからね。

そりゃぁ たまには 怖いもの見たさで ふちまでは 行こうとしてるよ。

いつも ちょっと手前で 後戻りしちゃうけどね。


  めんどくさいから あいていてくれてありがとう ってことにしてる。
  1. 2008/09/29(月) 22:36:02|

君と 出会うのは 


 君と 出会うのは いつも 真夜中のBAR


 ピューター製のロックグラスが 冷たい汗を かいたころ

 ボンベイサファイアが 脳天を たたき始めると よく 君は あらわれる 

 オピウムの香りは 君が となりに座った証だ


 お互い名前も知らずに 俺達は ここで どれだけの時間を

 そして 空想を 共にしてきたのだろう


 恋でもない 友情でもない

 でも 将来 きっと  

 そういえば あの頃・・・ なんて 想い出せる・・・


 そんな関係が なんだか 俺 とても 心地いいよ


 ありがとう



  1. 2008/09/29(月) 22:16:07|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。